東洋医学を世界へ

サンディエゴ・パドレスへの技術指導

メジャーリーグベースボール(以下、米リーグ)のサンディエゴ・パドレスより依頼を受けまして、ケイズグループが医療・トレーニング部門のアスレチックトレーナーやコンディショニングコーチなどのスタッフに対して技術指導を行いました。

様々な怪我や痛みに対してのアプローチのしかた、深層筋に柔軟性を持たせ骨への衝撃緩和による怪我の予防など米リーグにはなかった東洋医学の技術を取り入れることにより、多くのトップアスリートの故障が減ることで更なる活躍が期待されます。

サンディエゴ・パドレスの医療・トレーニング部門のトップであるマーク・ロゴー氏は米リーグ所属のピッツバーグ・パイレーツやニューヨーク・メッツといったプロ野球チームのアスレチックトレーナーや医療コーディネーター、海軍のスポーツ医学プログラムのマネージャーを務めた経歴を持ち、現在もヘッドアスレチックトレーナーとして活躍されています。