MENU

私にとってケイズグループとは、『成長』2015年度新卒入社 採用部門スタッフ 秋澤 亮太私にとってケイズグループとは、『成長』2015年度新卒入社 採用部門スタッフ 秋澤 亮太

01あなたの職種についてお聞かせください。

本社の採用なので合同説明会の準備をして、合同説明会に赴き自社の説明、雰囲気の説明、自社説明会の誘致を行います。採用は人財開発室が主に戦略建てをしますが新入社員(内定者)が前に立って説明や悩み相談、運営を行っていきます。なぜ新入社員(内定者)が行うかと言いますと、就職活動を最近まで行っていた人からの言葉は説得力が大きいからです。
なおかつ、新入社員(内定者)の社会人へのステップとなっております。人財開発室は運営と新入社員(内定者)のフォローを行っています。
また、自社説明会への誘致として学生のアプローチ連絡を電話やメールやり取りをし、選考へと繋げていきます。
整骨院業界をより知っていただくためにまずは会社全体の雰囲気をお伝えしています。

02入社理由はなんですか?

選考を通じて変われたことが大きな理由です。代表も良くお話しされるのですが選考段階でのスピーチまた内定者研修で発表することが多くあったのですが、始めは人前で話すことが出来ず用意していた資料を震えながら持っていました。先輩や代表からアドバイスをいただき、支えてくれる環境、自身を出し切ってもいい場所だと感じ自信が持て変わることが出来ました。内定者の時には自社説明会の運営側、また社長に1日同行など貴重な体験が出来、新入でも挑戦する場をくれるとこだと感じることが出来ました。今までの人生は前に出るようなタイプではなく裏方を徹底していましたが、前に出て話すきっかけになったのは選考中に先輩方が親身になって話してくれたことです。私自身も緊張している学生をサポートしてあげたいと感じられたからです。今私自身この志事が何よりも楽しいです。

03仕事の中で楽しいこと、辛いことはありますか?

楽しいことは学生と直接会って私自身初心を思い出せることです。また採用を行う上で多くの方に会えることです。
採用を行っていて明確に成果目標を実感できること、戦略が立てた通りに進んだりすることは何よりも喜びです。
辛いことは戦略がうまく進まなかった事、学生に向けてのアプローチが響かなくて説明会に繋がらなかった。
また弊社では整骨院の受付さんを高卒採用で行っていまして、その研修の取り組みを一から作った時に自信を持って行えたと思えていたら、しっかりと理解をしてもらえず実戦で困らせてしまった事です。
研修側と受付さんの間で理解の溝を埋められなかったことです。

04就活生に一言

ご縁を大切にしてもらいたい。
就職活動で多くの企業さんを回ると思うのですが採用担当、社長との縁を大事にして自身の足を運んで動いてほしい。そのご縁で自身の社会人生活が変わるので自身でそのご縁を断ち切らないでほしい。

ENTRY

選考・会社説明会へ参加希望の方は、マイナビよりエントリーください。
その後採用担当より、詳細をご連絡いたします。

ケイズグループの説明会へ参加しよう!

選考・会社説明会にはマイナビよりエントリー頂くか、サイト内のエントリーフォームよりご応募ください。

スマートフォン用サイト
TOP

Copyright 2016 K’s Group.All Rights Reserved