MENU

私にとってケイズグループとは、『私自身の教科書』2015年度新卒入社 営業部門スタッフ山本 純子私にとってケイズグループとは、『私自身の教科書』2015年度新卒入社 営業部門スタッフ山本 純子

01あなたの職種についてお聞かせください。

アイワ接骨師会で営業をしています。アイワの営業は、これから開業をする先生にアプローチをしに行って、弊社のサービスを利用していただけるかを直接会いに行って説明を行い入会していただきます。弊社ケイズグループの整骨院だけでなく全国の整骨院の先生に飛込み営業ではなく、反響営業をとり資料請求があった整骨院の先生方にアプローチをかけていきます。主に関東近辺の整骨院が多くありますが、全国を回ることもあります。整骨院の担当制にはしていませんが、営業は何かあった時の窓口になっていますが担当した場合は頼られて連絡が来ます。
独立して経営を考えている先生とのやり取りが多く業界の知識も必要ですが、研修も手厚くわからないことはすぐに教えてくださる環境です。
その他には先生が開業をするときに厚生労働省や保健所の手続き代行、ベッドや電機治療の発注業者の紹介もしています。

02入社理由はなんですか?

代表小林の考えが心に刺さったからです。初めて自社説明会に行くときに『仕事』ではなく『志事』とHPに書かれていて、正直胡散臭いなと感じてしまったのですが、実際に代表から話を聞き、仕えるのではなく志すものと意味が込められていることを知り素直に私自身に入ってきた事や、代表がスーパーポジティブ人間だと感じたからです。また、学ぶために時間やお金を大切に使いセミナーに行く機会や代表自身が良いと感じたものは全社員に惜しみなく共有し全社員の成長が代表の喜びだと話したときにこの会社でスタートをきれたら楽しく志事が出来ると感じたからです。趣味を超えた志事の考えが入社後もよりも理解が増しました。

03仕事の中で楽しいこと、辛いことはありますか?

私の案件の先生から無事開業をしてその先生から今日は何人の患者様が来たよと連絡をもらった時です。
この業界に踏み入れて勉強する量が多くて、先生が提出してくれる書類を審査するのですけどその書類も一から理解しないといけないのですがちょっとずつ理解をしていくと繋がってくるようになって勉強熱心でいいねと声をかけてもらえることです。
入社後に研修もありますが先輩との業務の中でも学ぶことがあります。
辛いことは一度発注漏れがあり、先生の大事な開業に間に合わせることが出来なくなった時が辛かった、けども上司と代表が「そんなのはミスではないから気にするな、むしろいい経験をして勉強させてもらったね」と言ってくれたときにわだかまりが消え、辛かったけれども、辛かったと思わせないのが嬉しかったです。辛いよりも悔しい想いが多かった気がします。先生からの電話で分からないことがあると言われたときに私の勉強不足ですぐに答えられずに電話を切ってしまい時間をかけてしまった事もありました。

04就活生に一言

社会人のスタートをきる大事な時期なので悩み続けてほしい。
将来の自分のなりたい姿をイメージしてそれにあった職種を探してもらえればと思います。
また、やはり会社を動かしているのは社長なので、早い段階で社長と会い、理念や方針を知っておく必要が流と思います。

ENTRY

選考・会社説明会へ参加希望の方は、マイナビよりエントリーください。
その後採用担当より、詳細をご連絡いたします。

ケイズグループの説明会へ参加しよう!

選考・会社説明会にはマイナビよりエントリー頂くか、サイト内のエントリーフォームよりご応募ください。

スマートフォン用サイト
TOP

Copyright 2016 K’s Group.All Rights Reserved